美白 効果

MENU

今まで使っていた美白化粧品に効果を感じないあなたへ

「色の白いは七難隠す」という言葉がありますが、シミのない白く透明感のある肌は女性の美しさを際立たせます。

 

世の中にはたくさんの美白化粧品があります。多くの女性が、美白化粧品には強い関心を持っているでしょう。その一方で、美白化粧品を使っているのにシミが薄くならない、効果を感じないという方も多いのではないでしょうか。一生懸命、美白化粧品を使っているのに、「全くシミが薄くならない」と、苛立ちを覚えている方も多いと思うのです。

 

実は、「美白」というのは、「メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐこと」「日焼けによるシミやそばかすを防ぐこと」という意味なのです。つまり一般的な美白化粧品というのは、シミの予防は可能ですが、既に出来てしまっているシミを消すことは出来ないのです。

 

アルブチンやコウジ酸、ビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸など、美白成分として認められているものはたくさんあります。しかし、これらはシミの予防は出来ますが、出来てしまったシミを薄くすることは出来ないのです。残念ながら、これらの美白化粧品を使い続けても、あなたのシミが薄くなることはないのです。

 

新たにシミが出来ないように、シミの予防することは大切です。ですが、若いうちはシミ対策には無頓着で、いざシミが出来てしまってから、シミ対策の大切さを実感するという方がほとんどではないでしょうか。出来てしまったシミを薄くしたい、なんとか目立たなくしたいと思っている方は多いと思うのです。では、既にあるシミを薄くする方法はあるのでしょうか。出来てしまったシミに効果のある成分はあるのでしょうか。

出来てしまったシミを本気でケアしたい方にはハイドロキノンがおすすめ

アルブチンやコウジ酸、ビタミンC誘導体などの美白成分は、シミの予防には効果的だけれども、既にあるシミを薄くすることは出来ない・・・ということは前章でご説明しました。では、出来てしまったシミを薄くするためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

「出来てしまったシミを何とかしたい」と思っている方におすすめしたいのが、ハイドロキノンです。ハイドロキノンはお肌の漂白剤と呼ばれるほど肌を白くする効果が高い成分で、一般的な美白成分の100倍の効果があるとも言われています。

 

なぜハイドロキノンがシミに効くのかというと、それはハイドロキノンがシミに直接働きかけるからなのです。ハイドロキノンには、シミのもとであるメラニンに対する還元作用があります。メラニン自体に作用して、メラニンそのものを減らしてくれるのです。ですから、既に出来てしまっているシミを薄くすることが出来るのです。また、ハイドロキノンにはメラニンの育成を抑える働きもありますから、新たにシミが出来るのを予防する効果もあります。つまり、ハイドロキノンが配合された美白化粧品を使えば、シミを薄くし、さらにシミを予防することも出来るというわけです。

ハイドロキノンを使う際に気をつけること

既にあるシミに効くのはハイドロキノンで、そして、なぜハイドロキノンがシミに効果があるのは前章でおわかり頂けたと思います。ですが、それだけ効果が高い成分ということは、刺激が強い成分であるともいえます。ハイドロキノンを使う際には、いくつか気をつけなければならないことがあります。

 

*紫外線に注意
ハイドロキノン配合化粧品を使った後に紫外線に当たると、シミが濃くなる恐れがあります。紫外線を避けるためにも、ハイドロキノン配合化粧品は夜に使うようにして下さい。そして、朝になったらしっかりと洗顔をしてください。朝や日中に使うのは避けるべきですが、どうしても使いたいという方は、しっかりと紫外線対策をしてください。

 

*安定性が悪い
ハイドロキノンは、安定性が悪い成分です。酸化しやすくて変質しやすいので、扱いには注意が必要です。長期保存が出来ないので、1つ1つの容器も小さめのものが多いです。酸化したハイドロキノンは肌を刺激し炎症の原因にもなるので、開封後は早めに使い切るようにして下さい。

 

*濃度が高いものほど刺激が強い
ハイドロキノンの濃度が高いものほど肌への刺激が強く、炎症などのリスクが高くなります。またハイドロキノン配合率が5%以上のものでは、白斑が出来てしまったという例もあります。配合率5%以上のものは、皮膚科などで医師の指導のもと使うようにして下さい。

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は低刺激で高い効果

一般的な美白成分とは違い、既にあるシミにも効果が高いのがハイドロキノンです。シミを薄くしたい方、今まで使ってきた美白化粧品には満足できない方には、ハイドロキノン配合の美白化粧品をおすすめします。

 

でも、ぜひ使ってみたいけれどもハイドロキノンは刺激が強そうで心配・・・という方もいらっしゃるでしょう。また、敏感肌だけれどもハイドロキノンを使っても大丈夫かしらと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ハイドロキノンは刺激が強い成分ではありますが、低刺激になるように工夫がされているハイドロキノン配合化粧品でしたら安心してお使いいただけます。ハイドロキノンは濃度が高くなるほど刺激が強いわけですから、低濃度であれば刺激が弱くなるのです。ただ、濃度が低くなるとシミに対する効果も低くなってしまうという難点があります。その問題を解決するためには、少ない量のハイドロキノンでも、ケアしたいシミの部分に確実に成分が届く必要があるのです。

 

その問題を解決したのが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9なのです。QuSomeホワイトクリーム1.9は、医療技術であるQuSomeという浸透テクノロジーを応用しています。本来、ハイドロキノンは肌に浸透しにくいのですが、この技術を使うことにより、ケアしたいシミの部分に確実に成分を届けることが出来るのです。つまり、少ない量のハイドロキノンでも高い効果を得ることが出来るため、肌への刺激は抑えつつ、シミには高い効果を発揮することが出来るのです。

 

また安定性の低いハイドロキノンをQuSomeカプセルで包み込むことにより、しっかりと安定性を維持しています。酸化したハイドロキノンは肌を刺激してしまいますが、QuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノンの安定性が保たれているため、お肌にやさしいのです。また、安定性が良いということは、ハイドロキノンの効果が十分に発揮できるということでもあります。ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノン配合率が1.9%と低めですが、4%配合と同等の効果を得ることが出来たという研究結果が出ています。

 

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、浸透テクノロジーQuSomeにより、ハイドロキノン配合率が低くてもシミに高い効果を発揮することが可能です。お肌への刺激は少なく、シミへの効果は高いハイドロキノン配合美白化粧品として、敏感肌の方からも高い支持を得ているのです。シミのケアを本気で考えている方に、ぜひおすすめしたいクリームです。

ビーグレンは安心出来るブランド

QuSomeホワイトクリーム1.9は、ビーグレンの製品です。ビーグレンは、美白先進国として知られるアメリカのスキンケアブランドです。薬学博士であるDr.ケラーが研究開発をしています。ビーグレンは、ハイドロキノン配合化粧品の販売実績は10年以上もあり、高い信頼を得ています。アメリカのブランドと言うと刺激が強いのではないかと心配されるかもしれませんが、日本人の肌に合わせて開発しているので安心です。そして、製品は全て日本で作られています。

 

サービスも充実していて、製品について、発送状況についてだけではなく、お肌の相談にも乗ってくれます。お問い合わせを受け付けているカスタマーサポートセンターは、365日24時間やっています。注文してから365日間は返品と返金も受け付けていて、とても良心的です。トライアルセットもありますから、まずはお試しになってみてはいかがでしょうか。